CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
OTHERS
SPONSORED LINKS
<< 今日の空 2012/09/12 その2 | main | 星 >>

編集長のヒトリゴト

笑って咲く花になろう。日々感じたことを綴ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
市場見学とサンドバッグ検品
東北での1日目。
朝のセリを見学させてもらいました。

この日はあまりたくさんの魚は揚がっていなかったようですが、
もうすぐシャケのシーズンがやってくるそう。
サンマにシャケに、、、楽しみです!


市場には、女性も結構多く、
キビキビと働かれている姿がとても素敵でした。
女性の笑顔と元気な声が、活気の源になっているような気がしました。

漁業も少しずつではあるけれど、前へ向いて進んでいるようです。
そうは言っても、マイナスからの再開での、小さな一歩であることは確か。

支援されることが「あたりまえ」になっている、と問題にされることもあるけれど
自立を促すことがあたりまえ、
だから、支援は終わりにすべき。
というのもどうなのかな、と個人的には思ったりします。

たった1年半前に起きた大きな悲劇。
すべてのものを失っただけでなく、愛する家族や友人を亡くした方も多い。
その傷を胸に抱いたまま、
どれだけ頑張り続けたらよいのか…。

支援は自立を妨げる、という人もいるけれど
人には支えは必要じゃないか、と思ったりもします。
(もちろん、支援の仕方や内容などは、状況を見ながら変化すべきですが)

モノとしての支援のありがたさの中にある
支えられている、応援してくれている人がいる、という心強さ。

私は、かつて、
「支えられている」
「忘れないでいてくれる人がいる」
ということが、どれほど力になるかを体験したことがあります。

だから、きっと、今回私は東北支援という活動をしているんだと思う。
私がしてもらったことを、お返しするために。

***

さて、
市場見学の後は、ひたすら、サンドバッグの検品作業です。
全国でミシン隊をしてくださった方々のおかげで、
無事10万枚をお届けできそうです。

ステッチ不足や、ロープの口の締まり具合を確認し
不備があれば、お直しをして下さる方へ渡します。

そんな検品作業をしていると
とてもかわいいメッセージにたびたび出会います。

今日のお気に入りはコレ!

 
漁師さんたちも、きっと「くすっ」と微笑んじゃいますね!

皆さん、心のこもったサンドバッグと素敵なメッセージ、ありがとうございました!
15日から配布開始予定です!
| 東北支援 | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
comment
comment?